新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

メダカのプロがいる花屋さん

ch13

元山駅から徒歩1分のところにある「花美館」というお店をご存知ですか?

ch14

 

まず一つ目の顔は、普通の花屋さん。

ch03
お店の中には生花、観葉植物がたくさん並んでいます。

ch05

 

でもこの「花美館」、ただのお花屋さんではありません。お店のオーナーである山崎さんは、25年もメダカに親しんできた「メダカのプロ」でもあるのです! 飼育などについて相談もたくさん寄せられるのだとか。

 

というわけで、店頭ではメダカも販売中♪

ch04
1ペアで500円、7匹で1,000円で、いずれも「タコ足くん」がセットになっているそう。

ところでそのタコ足くんというのは何でしょう?

 

答えはコレ!

ch06
よく見ると、卵が産み付けられているのが見えますか?

メダカの産卵用の”浮き”なのです。入れたままにしておくと食べられてしまうので、別の水槽に移しましょう。増やすことも、メダカ飼育の楽しみのひとつなのです。

 

お店の裏には、もっとたくさんのメダカがいました!

ch07

 

実は今、メダカを飼う人は増えていて、ちょっとしたブームなのだとか。

その理由のひとつには、手軽さがあります。特別なポンプもヒーターもいらないし、エサも少しでOK。水は緑色に濁った状態のほうが、バクテリアがメダカに最適な環境をつくってくれるので、むしろ替えない方が良いそう。「放ったらかし」が一番なんて、なんて手のかからないペット!

 

小さいメダカが生き生きと泳ぐのを見ていると、なんだか癒やされます…☆

ch08
色が濃いメダカや、ラメが入ってキラキラ光るメダカなど、メダカにも本当にたくさんの種類があるんですね。目が黒くて大きいのは「パンダメダカ」というそう。なんだかカワイイですね♪

 

ch11
お店の一角には、立派に育ったガジュマル。通称「トトロの木」です。

ch12
物語に出てきそうな、不思議な根っこが印象的。

 

ch10
小さなガジュマルも販売されていたので、育ててみることにしました! 何年も植え替えながら育てると、根っこが伸びて大きくなるそう。植え替えのコツも教えていただいたので、大切に育てます…☆

ch09

お家にあると癒やしになるという点では、植物とメダカには共通点がありますね。「花美館」で、その両方の魅力に触れてみてはいかが?

 

花美館

Address

千葉県松戸市五香南1-10-9

Tel

047-384-4669

営業時間

10:00~20:00

定休日

木曜

元山駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 元山 ガーデニング, ショッピング

この駅の記事一覧